toggle
2009-06-30

ユリ鉢 木地

昨日、鎌倉彫り教室の先生からお電話。
時々、生徒さん用に木地を買ってくださいます。
「あー、あの以前買ったユリ鉢なんですが。」渋ーい声です。
ユリ鉢。直径8寸(約24センチ)と9寸(約27センチ)。ふちが反ってゆりのようなので、ユリ鉢。
「底がどんな感じだったか、忘れまして。」やっぱり、渋い感じで。
はい、分かりました。3種類あるんです。「えーっとですね、8寸のが糸底と平底。9寸のが・・ああ、えー、丸くくり抜いてあるような形になっています。」
「・・・、じゃ8寸の平底を。」あくまで、渋い。
鎌倉彫り、以前はあまり好きではありませんでした。少し、重い感じがして。
でも、ホルトハウス房子さんの料理本『日本のごはん、私のごはん』で、素敵に使われていて「いいなあ。」と意識が変化。一枚の写真の力はスゴイとも思いました。
どんな器に仕上がるんでしょうか、見てみたい。
鎌倉にも、行きたいなあ、あじさいがきれいだろうなあ。
そうだ、渋先生はいつも最後に、付け加えます。
「彫りやすい、やわらかめをお願いします・・。」

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください