toggle
2009-07-28

お正月向けの木地。

配達待ちしてまーす。これは、屠蘇(とそ)台、盃台、重箱に重箱台です。輪みたいのは屠蘇台の足、回り足。これから下地屋さんに行くところ。
こんなふうに、板同士を組んだものを指物(さしもの)って言います。箱もの、重箱や硯箱なんか、それから角盆かなあ。
接着は漆で、茶色いのがみえてる、そこです!
銚子と盃を加えると立派な屠蘇器。最近は、家族構成や家の構造に合わせて輪島塗も小さくてシンプル傾向に。
種類色々あるんですよ。三つ組、七つ組なんて言ったりね。左下の七つ組懸盤屠蘇器(かけばんとそき)なんて、立派過ぎて・・誰が使うんでしょう。昔は時々出てたらしいですが・・。きっと豪華な沈金か蒔絵がどーーんと描かれるんでしょう。あれだ!お姫様のお嫁入り道具?!違う?雛飾りにある。庶民には分かりかねます・・。
ま、とにかくお正月には、お屠蘇。一年の健康を願って。
ところで、この銚子ですが、木地の段階ではばらっばら。それぞれに名前があります。
初めて見たときは感動しました。こんなんなってんだあ!って。
なぜバラバラかというと、塗りの作業のため。塗りの工程では、手や道具が入らないところがあったり、凸凹があると非常にやりにくいから。(うちでは、下地の中塗りって段階で塗師屋さんが持ってきてくれて、「口切り」作業をします。それは後ほど。)屠蘇台の足も別でしたね。
「○○型銚子、30個お願いします。」って注文うけても、納品すると「耳が一個足りませんよ~。」なんてお叱り電話があったりして・・ひと揃え数える時は、誰も話しかけないで~電話もならないで~!
「口よーし、耳よーし、フタよーし!・・」指差し確認が一番です。

関連記事

コメント2件

  • ojunsugahara127 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。大分のスガハラです。 ブログ訪問ありがとうございました。ブログ最初から全部見せていただきました。 ほ~、へ~~、ムフフ、って楽しく読ませていただきました。
    さすが産地ですね、街並みもすてきそうで、あいざわさんのブログ読んでるとほんわかいい気分になってきます。また遊びに来させてください。

  • 木地屋ようこ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こちらこそ、ありがとうございます。あらためて、2人でブログ見てました、今。
    おうちをセルフビルドされてるんですね!すごーい。どんな風に出来上がっていくのか楽しみに見守ってます(笑)写真に写ってたセメントのミキサー?「なつかし~!!」って夫がもうしておりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です