toggle
2009-11-16

お父さんの木工教室。

木でパズルを作ろう!
児童センターでお父さんたちによる木工教室。

2枚の合板を使って簡単にできるパズル。お手伝いと参加と見学に。
一枚の板に絵を描いてコウモリと石川?!
それを糸ノコで切って。パパさんによる実演「刃の前に指を出しちゃだめですよ。姿勢は習字を書くときのようにまっすぐ。しっかり押さえて急がずに。」
「最後に!指は落とす前に叫ぶ!落としてから言っても遅いよー!」ということで安全第一。
輪島児童センター念願の糸ノコを、県に買ってもらったそうです。この日はさらに七尾市から借りたり、自前のを持ち寄って開催。
糸ノコ楽しそう、したいなあ。
今回はお父さんたちがメイン、お母さんは口を出さない手を出さないきまり、ドアのかげからそっと見守るのみ。
出来上がりはこんな感じ!
いいなあ、いいなあ、作りたかったなあ。
11年前、今の中1が2歳のころ作ったパズル。かなり大きめサイズ。この頃は毎日アンパンマン描いてたなあ・・。

何回も何回もはずして入れて、3才はなれてる下のも使って、すりきれちゃったけど、宝物。

関連記事

コメント2件

  • およね より:

    SECRET: 0
    PASS:
    アンパンマンのパズル、すごい上手ですね~。アンパンマンブーム、子供なら一度は通る道なんですかね。わが子もそのうち”アンパーンチ!!”なんて言うのかな・・。
    こういう手づくりのおもちゃって、良いですね。

  • aizawamokkoh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    およねちゃん。
    そのうち、落書きノートに毎日アンパンマンキャラクターを書く日がきますよ!ちなみに私が得意だったのは犬のチーズです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です