toggle
2010-01-26

赤いお椀、黒いお椀。

むかーし、むかし、能登の輪島に正直者のお父さんがおりました。
ある日、お父さんはカワイイ娘たちのためにお碗を買いました。
でも、帰り道それをうっかり海に落としてしまったのです。
ザップ~~ン。
ザップ~~ン。
海に大きな波がたち、海の神様「日本海さま」が現れました。
「おい、そこの輪島市民。
おまえの落としたのは、この赤い漆碗か?
それともこちらの黒い漆碗か?」
正直者のお父さんは答えます。
「いえいえ日本海さま、わたしが落としたのは100均で買ったプラスチックのお碗でございます。」
「ヌ、ヌ、ヌ、ヌ~~ッ!!」
見る見る日本海さまのお顔は赤くなり、毛は逆立ち、目には炎がメラメラ。
「なんだと~!
おまえ、輪島の者なら漆の碗でごはんを食べんでどうする~!」
「そ、そうは言われましても、輪島塗のお碗は値段が高くて・・とてもとても私なんぞには・・。」
「なんじゃと。」
パチパチパチパチ・・・突然そろばんをはじき出す日本海さま。
「よーく考えろ。1万の碗を買っても毎日使えば一日約27円、10年だと2.7円じゃ。
しかも、ちゃーんとした塗りものなら修理もきくし一生モン。
第一、漆の碗でごはんを食べると旨いんじゃーー!」
意外と計算好きの日本海さま。
正直者でその上、素直なお父さんは「なるほどぉ。」と感心しました。
「・・まあ、良い。今回はおまえのその正直な心に免じて、この2つの碗をあげるとしよう。そのかわり、大事に使うんじゃぞ。」
「あ、ありがとうございます!」
日本海さまは、顔は怖いけどいい人・・じゃない、いい神様だなあとお父さんは思いました。
そうしてお父さんは、家に帰り、赤いお椀を上の娘に、黒いお椀を下の娘にあげ、それからずーーーっと大切に使いましたとさ。

めでたし、めでたし・・。
出演: 
   正直父さん
   日本海さま
   朱塗り子供碗・黒塗り子供碗 
     高田晴之作 (もう使用7年目?黒い碗は1回修理しました)

関連記事

コメント2件

  • およね より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あぁ~日本海さまに怒られる~。
    息子だけでも、輪島塗のお椀を使わせてあげないと~。
    輪島市民として恥ずかしいです・・。

  • aizawamokkoh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    かも浦海岸辺りで、今使ってるお碗を投げ入れてみたら、イイ事あるかも?!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください