toggle
2010-03-14

木のおもちゃ。

小松強志さんを迎えて、児童センターで木のおもちゃ教室がありました。
二日間にわたって、初日は大人、次の日は親子対象。
大人教室におじゃましてきました。
今回は自分たちでデザインすることも少し教えていただきながら・・
でも、とてもとてもすぐには思いつかないので、時間もないので、頭真っ白なので、小松さんのデザインされたものを作ることに。
木の板にトレーシングペーパーで下絵を写し、糸のこで切り取って行きます。

各馬、いえ各自、いっせいにスタート!!
ガガガガーーーーー。
ガガガガーーーーー。
ひたすら黙々と糸のこに取り組む父たち。
しかも、数あるデザイン画から全員恐竜画を選んだ、いくつになっても少年父たち。
切り抜いたら、次は磨き。
とがった角を少し丸めたり、糸のこでうまく出来なかった所を補正したり。

途中、センターに遊びに来ていた母娘も交えて作業に取り組むファミリー。
誰も一言も発せず、真剣に・・特にお嬢様たち・・。
シャッシャッシャッシャッ・・・。
出来上がり作品です!
夫作↓

私も↓

組むと立方体になる猫の組み木パズル。
犬でもしてみたいなあ。
中には自分のデザインであっという間に作っちゃった母も!!
すごーーい。↓

かわいいアヒルの親子。
時間オーバーで教室終了。
最後に小松さん、お子さんが小さい頃に作られた、初期のおもちゃをいくつか見せてくださいました。

どれも良く考えられてて、シンプルで、動きがあって素敵なもの。
子ども向けのおもちゃは、子どもたちから教えられて、どんどんデザインが変わっていったものも多いとか。
投げたり、折ったり、噛んだりするし・・手のサイズ、持ち具合、色々。
どれも長い年月でいい色ぐあいになってました。
それに、歯形が付いてたりしてね、ステキ!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です