toggle
2010-03-21

年季明け式。

昨晩は赤木工房の年季明け式に呼んでいただきました。

「年季明け式」とは、輪島塗の職人さんが親方のもとで4年間弟子修行を終え、独り立ちするお祝いの儀式です。
昨日は2人のお弟子さんがめでたく年季明けを。
遠方からいらっしゃった2人の御両親や、取引き先、兄弟弟子・・大勢でお祝いです。
もちろん2人のことは工房に入ってきたときから知ってますが、4年なんてあっという間だなあとしみじみ顔を眺めてました。
これからが本当の輪島塗りの職人としてのスタートです。大丈夫?とちょっと心配してみたり、たくましくなったなあと感心してみたり。

親方と弟子で「親子固めの杯」を。
じーーーんとくる一瞬です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です