toggle
2010-05-24

金沢 世界工芸トリエンナーレ

近頃、金沢はやたらとイベントが多いようで・・
金沢城近辺も賑やかそうだし、
「ラ・フォル・ジュルネ金沢」クラシック音楽祭ですね。
そして、「世界工芸トリエンナーレ」 また出た、カタカナ・・。
トリエンナーレ??ビエンナーレの兄弟??

国際美術展覧会のことですね、3年に1度の。
行ってきました「第1回 金沢・世界工芸トリエンナーレ
リファーレビル会場。詳しい事は → こちらに
用事のついでに行ってみる?くらいの気持ちだったのに、期待をうらぎる?面白さ。
若手作家から重鎮作家まで、混ぜこぜになってる上に、猿山修さんやら隈研吾さん、ミナペルホネン・・。へええ、面白いー。
それに韓国の作家さんの作るもの・・えもいわれぬドロドロしさ。(←感動的な意味で)
工芸的ネットワーキングって、どういうことかしらと考えつつ会場を見て回る。
しかし、会場は静か・・知られてないんでしょうね、きっと。
もったいない、これだけのもの。
リファーレビルってのが、また地味だし・・。
ううーーん、モッタイナイ。
6月20日まで開催しています!!
で、帰りはまた沖縄料理

泡盛に島とうがしを漬け込んだソース。
これを入れると、一気に味に深みが。今回は沖縄やきそばに。

オーガニックの烏龍茶、おいしい。
沖縄料理は、もしかして料理的ネットワークの集大成ではないかと、また考える・・。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください