toggle
2010-09-20

「漆アートウォーク テノチカラ」展。

「漆アートウォーク テノチカラ展」いよいよ開催。
2会場「うつわわいち」と「ギャラリー蔦屋」を見てきました。
蔦屋さん。
うつわわいちさん。
今年はさらに、面白ーいです!
器だけじゃなく、香りにまつわるものも。
立体的な表現が、一つ一つ見てて興味深かったです。

ううーーん、と唸る技術・・・。

あれは、何?と目をひくもの。
いろんな表現方法・・。
夜はスイスから漆の勉強で、短期輪島くらしをされている
サロメ・リップナーさんを囲んで、アートウォークの作り手さんたちとお話会。

サロメさんがインスピレーションを感じるものを持ってきてくれました。
ほおづきの殻、蛇の目傘、たくさんマッチの詰まったマッチ箱、そろばん・・
昆布!!長いままのと、切ったのと。
常に目を開いて、耳をすまして、感じること。
そして、大切なことは素材をシンプルに使う、
そのものの持っている魅力を引き出して使う、ニセモノはいらない。
分かり易くて、潔い考え。
製作されているジュエリーはどれも、生きてるような不思議なフォルムでした。
そして、彼女曰く
「日本人の漆作家さん!もっともっと海外へ飛び立とう!!
 ヨーロッパには無限の可能性がある。チャレンジ!!」
若いアートウォークの作り手さんたち、色々刺激をもらったかなあ。
「漆アートウォーク」26日(日)までです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください