toggle
2010-12-19

奈良ワンダーランド。

奈良は不思議です。

100年、200年、いえ1000年なんて時間が
街中にどかーんと居座っています。

どこからどこまでが、興福寺?東大寺?境界線が見当たりません。
ゆるやかにまちに溶け込んでいます。
地元の子供たちが、あたりまえのように奈良時代の建造物の間を
きゃーきゃー言いながら、走り回っています。

泊まったホテルも、101年もの。
そこにも不思議時間が流れて。

そして、奈良はなぜかいつも大陸のイメージ。
まるまるとふくよかな。
確かなのことは
建物も仏像も、もちろんホテルだって
何度も修復を重ね、人が力を注いで受け継いでいっていること。
お祭りにしてもそう。
そんなこんな全部ひっくるめたのが、奈良ワンダーランド。
ね。

まちの中に、鹿がいるっていうのも、よく考えるとすごい・・。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください