toggle
2011-10-04

赤木さんの切溜。

この木地ができてくると、
いつもしばらくうっとり眺めてしまいます。

この重なり・・
四角の重なり・・
はうーーー。
うつくしい。
きっちりと組手が決まってて
角が、スッと削ってある。
はあーーー。
しかも、これ、いい匂いがするんです。
このブログが4Dだったらお届けできるのに、残念・・。
その前に3Dか。

この木地は、
このあと赤木明登さんの工房へ行って、きれいに拭き漆されて
入れ子の箱、切溜に。
最近、この切溜を一組ほしい熱が高まっています。
誰か買ってくれないかなあ。
誰かーー、誰かーーー。

関連記事

コメント2件

  • おたか より:

    SECRET: 0
    PASS:
    職人技ですね~。スバラシイ!

  • aizawamokkoh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おたかさん。
    ほんとに。
    ってうちの職人さんの腕自慢になっちゃうけど、すばらしいよね。
    単純なものほど、手がかかって、むずかしいもの。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください