toggle
2011-12-31

年末はお餅つきにかぎる。


赤木工房の「年末お餅つき」にお呼ばれしてきました。
たねちゃん、もちろんいます。
同じ輪島でも、ここはまっ白に雪が!
すっぽり雪の中、家の前にテントをはって。
[#IMAGE|b0188144_9464143.jpg|201112/31/44/|mid|250|300#]
[#IMAGE|b0188144_949570.jpg|201112/31/44/|mid|250|300#]
家全体が、お餅ファクトリー。
お風呂場では、もち米が大量に準備中。

スタートは玄米餅から。
よいっしょ!よいっしょ!

つき上がったお餅は、家の中で待ちかまえる女子班によって、
形がととのえられてゆきます。

じゃんじゃん、どんどんついてゆきます。
全部で6臼だっけ。 12升?! すごい!!

全員参加ですよ。
よしっしょ!よいっしょ!
もうすぐ産まれそうな妊婦さんと、ちっちゃな子供たち以外は。

いとちゃん、やっぱりお眠りちゅう。

女子班、まるめるまるめる。

[#IMAGE|b0188144_1023898.jpg|201112/31/44/|mid|300|400#]
おりに並んだお餅は、しーんとした工房でひと休み・・・。
にぎやかな家の中、外は静かな静かな雪景色。
[#IMAGE|b0188144_104970.jpg|201112/31/44/|mid|250|300#]
待ってました! 
お餅つきしながら、つきたてを「いただきまーす。」

ぜんざいに、いそべ巻、きなこ、だいこんおろしにお醤油。
ああ!!今思い出した!大根おろしの食べてないー!!
うわー悲しいよー。作ってる時につまみ食いすればよかったーー。
お餅つきも終了して、本格的に宴会がはじまって。
すっかり日も暮れて。
ちょくちょく会う顔とも、ひさしぶりの顔とも、お話できて。
歌ったり、踊ったり。

こんなに賑やかに年の瀬を過ごせるなんて。
なんだか、じんわりあったかくて。
子供のころ、実家ですごしてた大晦日のこと思い出してしまった。
ありがとう、ありがとう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください