toggle
2012-03-04

すいぜんやら、『セラフィーヌ』やら、『川底』。

親類の葬儀に参列した際、精進弁当を手渡されました。
輪島ならではの一品紹介。

「すいぜん」。
お刺身の替わりにいただく輪島の精進料理。
天草ともち米の粉からできていて、つるりんとした舌ざわり。
ごまだれをたっぷりかけて・・
好きなんですよね。
たーくさん食べたいけど、お腹のなかで膨らみそうで怖いから
ちょっとだけ・・。
ちょっと仕事が一段落したような気がするので
(もしかして勘違いかもしれませんが・・)
映画をむさぼってました。

『セラフィーヌの庭』
実は見るの3回目。
すっごい好き。
見るたびに発見があって、細部まですばらしいです。
時代背景も、興味深いんです。
ぜひ、セラフィーヌの作品を生で見てみたい。
何度も味わいたい作品。

打って変わって『川の底からこんにちは』
個人的に注目の満島ひかりちゃんが主演。
中盤あたりまでは、しんどくてどうなることかと思いましたが、
というか、実は相当落ち込むような事態にもかかわらず
最終的に、すっこーーーんと、気分が良くなります。
あー、ビバ人生なのです。
上記2作品は、かなりおすすめなのでした。

関連記事

コメント2件

  • fugeshietsuko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    笹沈金の黒塗のお皿‥
    一見使いこなすの難しそうだけど‥ 
    すいぜんには ぴったしだね!
    ああっ おいしそうな すいぜん! 

  • aizawamokkoh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    えっちゃん、たまたま手に取ったのがこの笹の絵の皿。すいぜんにぴったりですよねー。
    ところで、水ようかんは買ってでも食べるけど、すいぜんって買わないね。こんな機会でもなきゃ、食べないかも・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください