toggle
2012-04-26

くさいけど、優れものの柿渋。

先日の皿ですが、こちら → ドーナツ皿
柿渋を塗ることにしました。

やましたさん、塗ってますー。
写真じゃ分かりませんが、この柿渋、においます・・。
でも不思議と嫌な感じじゃない。
自然な発酵臭だから。
昔は田舎じゃ、家で柿渋をよく作っていたそうですね。
渋柿のまだ青いのを取ってきて、つぶして、発酵させたものの上澄み液。
カキタンニンが木の表面を強化してくれるし
防腐作用もある、すぐれもの。
この辺りの家の内装には、ベンガラ漆の下地としてよく塗られています。

そうそ、事務所の机にも、塗ってあります。
時間がたつと、色味が濃くがでてきて、よい感じに。
柿渋の第一発見者に感謝です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください