toggle
2012-05-25

能登の白菊。

「能登の白菊を楽しむ会」にお誘い受けて行ってきました。

ずらーり。
わたし以外の参加者のみなさんは、日本酒フリーク。
「うおーこれは!」とか
「これは、うんぬんかんぬん・・」とか、なんだかすごそうです。

そんな中
このボードの写真を撮っているのは、1名。
勉強モードで、メモ書きしてるのも、1名。

まだら館さんの、漆の器に盛られた肴をつまみながら

飲み比べ。
サンプル酒も含めて、全8種類?
それぞれ、同じ白菊でも味わいが全然違います。

鯛のカブト煮、おいしいいいいいい。

袋吊りしぼりの写真説明も。
ここでまた、みなさんがどよめきます 「うおおおおー。」
(ちなみに男性ばかりの会です。)
わたしは、その白いうつくしさに「うわあああー。」
『白菊』といえば、輪島白藤酒店さん。
九代目杜氏である若い蔵元さんが、本当に正直に酒作りをされているのを
知識が浅いながらにも感じました。
色々飲み比べて、自分の好みを見つけてみたい。

ゆっくり丁寧に作られたものは、
そのかけられた時間と同じくらいの気持ちを持って
しみじみ味わいたいなと思いました。

関連記事

コメント2件

  • およね より:

    SECRET: 0
    PASS:
    あーヨダレがー。このボード、わかりやすいですよねー。ははーんという感じ。日本酒飲みたいー。

  • aizawamokkoh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    およねちゃん、ははーんって分かるの?さすがチーム醸造。
    私は、今回麹以外に酵母ってのが出てきたから、もう頭が混乱・・。
    次回は、行こう!おこさま達は誰かに頼もう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください