toggle
2012-09-09

今度こそ、漆掻き見学!

もう何回も何回も、漆のこと説明する際に、
漆掻きのことも説明してきたわけですが
もうね
実際に見ると、こんななんだーっ!でした。

念願の漆掻き見学に行って来ました。
(前回撃沈のようす→こちら
あくまでも、見学です。
掻きません、怖いので。
生の漆は最強だと聞きました、遠くから恐々カメラをかまえる面々。
今回は輪島漆再生プロジェクトという事業の見学。

さきほどの、笑顔で作業の方は、
古地さんという漆掻き職人さん。
87歳と、聞いてびっくり!
お若い!
小柄な体で、こっちの木から、あっちの木へと、さささっ、さささっ。

早く、かつ丁寧に、漆を掻きてらっしゃいます。
一滴たりとも、無駄には出来ませんものね。

漆の木を掻いて、出てきたばかりの漆。
透明な液が、すぐに白濁して、うすいミルクのようになります。
ためた漆を見せていただきました。

はい、見えません・・。
底の方に、少ししかたまってないので、見えません・・。
そのくらい、ほんの少ししか採れないんです。


古地さんの、使われてる道具、これまた無駄がなくて格好いいのです。
朝5時くらいから作業を始めて、私たちが見学に行ったのが、10時近く。
ずっと作業されてても、あの桶の底に少しだけの漆。
いったい、何本の漆の木があって、何人の人がかかわったら
どのくらいの漆が採れるのか。
どのくらいの漆があったら、何個の器に塗れるのか。
なんだか、そう考えるのも、おこがましいような気分になりました。
輪島では今、地元産漆の再生を目指す動きが出てきています。
漆芸作家さんや、塗師屋さん自身が、植樹や草刈りなど
汗を流して作業し漆の木を育てています。
まだまだ、小さな動きかもしれませんが、
けっして止めることなく続いてほしいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください