toggle
2012-09-13

『香りの道具展』 聞香体験


「終日対炉香」のお軸が掛かっています。

そして、重硯箱。
とくれば・・聞香。
輪島漆芸美術館『香りの道具展』開催中。
その関連イベントとして、聞香体験がありました。

お道具も、所作も、全部ひっくるめて、素敵です。
大体なにもかも、サイズが小さいってところが・・たまりません。
集中して、香りをかぐ、それだけの遊び。
贅沢・・・。
「香りの道具展」も、すごく良かったです!
香道具は、もちろん見ごたえありますし
香に関する絵軸からは、当時(江戸時代)の人たちが
今よりずっと素敵に香に親しんでいた様子が、見てとれます。
16日には「漆と香の道具」というテーマで
京都松栄堂のご主人畑さんの講演がありますよ!
聞香体験でも、ものすごく分かりやすく丁寧に説明してくださいました。
さて、聞香の結果といいますか、成績といいますか、スコアといいますか
こちらです。

松栄堂ご主人が
「当たった当たらないは、重要じゃありません」って言ってたもん。

関連記事

コメント2件

  • 天野誠 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    以前、輪島漆器青年会でも門前高校、いや、「聞香」してきました(笑)。
    香元「嗅ぐのは犬の方が得意です。香道は心で香りを聞くのです。」
    「いつどこで、そして香元や執筆は誰で、どう言うメンバーで行われたのか?。今回、源氏香がこのメンバーでこの日取りで行われた事、そしてその事実を記したものこそが一番大切なのです。」
    とても感動体験でした。今でも忘れられません。
    http://tennoya.blog.ocn.ne.jp/makoten/2009/09/2009_c6a7.html

  • aizawamokkoh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    天野さん、なーるほどです。
    そんな中当たらなくて「くやしー」とか言ってる夫や、ちょっとガッカリしてた自分は、まだまだです・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください