toggle
2013-03-05

年季明け式にて。

先日、赤木工房の年季明け式へ出席。
写真を撮りにくい席ゆえ、なんにも写真が撮れず
でも、せめて、挨拶してる夫の写真ぐらい撮らないとダメじゃないか
で、唯一の写真。

こんなのじゃ、全然あの雰囲気がお伝えできません。
これは、ほんのほんの会場の一部です!
この写真のこっち側に、
だーーっと華やかな会場がありましたです。
今回年季明けしたのは女性。
いつの間にか、赤木工房に入って
いつの間にか、結婚して(しかも漆職人さんと)
いつの間にか、子供を産んで
(しかも、もう何人も育ててます!みたいな余裕な感じ)
輪島で生まれて、
こんなに自然に漆の世界の後を継ぐ人になるなんて
(いや、きっと、なんやかんや、色々あったのでしょうが)
見てて気持ちいい。
できそうで、できなさそうだけど、できてほしい、こんな人。
輪島から。
そして、赤木工房から巣立った漆の人たちが
会場に大集合してて、
それぞれ家庭を持って、子供もじゃんじゃん増えて
大きな樹が、ぐんぐん育っていることに感慨無量。
下で支える我々が、
しっかり良い土壌を保っとかなきゃなあ
そうあらためて思ったのでした。

関連記事

コメント2件

  • Tomoko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    すごいですね~。
    自分の生き方を自分で決めて、修行に入るって
    いまだにいい年して模索し続けてるあたくしとしては^^;)
    尊敬の一言です(色々あったと思うけど!)

  • aizawamokkoh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    わたくしも模索し続けですわよ!
    でも、それって色々やりたいことがあるからなんですね、きっとー。
    悩むこともまた、先へ進む道の途中なのです、きっとー。
    tomokoさんは、一本筋が通ってらっしゃるじゃないですか!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください