toggle
2013-04-01

今回もまた感動、フレンチの会。

能登のおいしい話が続きます。
能登イタリアンの次は、輪島フレンチの会。
お料理はスタートが肝心。 
最初のひと皿で、これから何が起こるのか、気持ちが高まる!


グリーンも鮮やかなお豆のスープ。
渋い漆の台から、朱塗りのお皿へ。 こころにくいっ。

能登島産、黒キャベツの新葉、甘いー。
マグロと、これまたグリーンたちが、漆のへぎ板と合います。
色鮮やかです、春です、春の畑です。

近頃能登で大漁の大きな鰯は、新ジャガとマッチング。
朱塗りの大鉢で、ダイナミック盛り。

こ、これは?! アワビ??  お肉??
なんとっ、能登産の肉厚しいたけのコンフィ。
じっくり温度計とにらめっこで、緊張の加熱処理。
これは、メインになりますっ! 

はーい、鯛です。春といえばです、こちら。
横にいらっしゃる玉ねぎの中には、フレンチ茶碗蒸なるフランさん。
もう、お腹もギブアップかなー。
なところへ、これは別腹デザート。

フォークをいれると、お酒がしっとりなめらか。
ラム酒がかなり効いた、大人ザッハトルテ。
というわけで、更に進化している輪島フレンチ。
毎回真剣勝負のシェフの心意気が伝わってくるのでした。
いただく我々も、いつも真剣勝負です、もちろん!?
漆とのすってきなコーディネイトは女将、いやマダムよしこさんでした。

関連記事

コメント2件

  • urushi-yoshiko より:

    SECRET: 0
    PASS:
    連日お疲れ様でした。
    3日目の昨晩はほとんどギブアップ状態で・・・
    あの椎茸もう一度食べた?い?

  • aizawamokkoh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    よしこさん、連日ありがとうございました。
    素晴らしいカメラさえあれば、あのセッティング撮りたかったな!
    やはりiphoneでは、限界あるなーカメラ買おっかなー。
    お持ち帰りのケーキ、一家7人でありがたくいただきました(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください