toggle
2013-04-05

日本三名菓、でーん。


「長生殿」といえば、森八
森八といえば、「長生殿」 (ちょうせいでん)
加賀を代表するお菓子です。
300年も前からあるんですって、小堀遠州が名付けたんですって。
ちょうせいでん!! でーーん!!
今回、いただいたのは

生〆って、言い方が怖い。
いえいえ、生なので、しっとりほろりと、それは美味しいです。

しかし、美しい・・。
こんなきれいなラインがでるなんて、お菓子の材料や工程が
さぞかしすごいのでしょうね。
そして、木の型も良くできてるのでしょう。 (なにもかも想像)
(森八HPより写真)
森八さんには、木型美術館が併設されているそうで
一度は行ってみたいなあと思っています。
ちょっと、イリュージョンっぽい、内装も気になります・・。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください