toggle
2013-05-24

漆の苗、預かります!(プレッシャー)

前に書きました脱ロウした漆の種ですが
これこれ→「漆の種の脱ロウ。
こんなんなりましたーー。

しっかり育ってますーー。
というか、これ、このプランター何軒かのお宅へ届けられ
うちにも、来てくれたのですが・・・
はたして、立派に育て上げられるのか、今さらながらプレッシャー。
(こういうの、とっても苦手・・
 娘達の夏休みのアサガオも、カラッカラのまっ茶々にした苦い思い出。)
その行程をみてるだけに、責任の重さをひしひしと感じてる訳です。

「その辺に置いとくだけでいいですよー」って
担当の方はおっしゃてましたが、絶対そんなことない・・。
もうだってほら、間引きとかしたほうが良さそうじゃないですか!
1、2年後に市内の山へ移植するそうです。
その時が怖い!
夏休み明け、小学校の廊下に居並ぶうつくしいアサガオ・・
そんな中、まっ茶々に干からびた我が家のアサガオ
あれを思い出す。
がんばります。

関連記事

コメント2件

  • ryujin_ipekope より:

    SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして
    市場に出回っている漆のうち日本製の漆は3%と
    本で読んだことがあります。
    そんな割合をあげる取り組み、とても素晴らしいと思います!
    長く使うものならば、やはり材料も信頼出来る物を
    使って頂きたいですもの。
    頑張って苗を育てて行ってください

  • aizawamokkoh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ryujinさん、こんにちは。
    そうなんです。漆はそのほとんどを中国からの輸入に頼っています。
    その漆としてその性質は、一長一短あるらしいです。
    が、やはり地元で採れる漆というのは、魅力的ですよね!その漆器の持つ物語がちがってきます。
    がんばって、苗育てます・・・・がんばって・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください