toggle
2013-10-21

森のがっこうで、バターナイフ作り。

というわけで(前記事参考)、森の学校2013へ。
昨年はちびっこ向け→昨年の様子
今年の我々のテーマは
じっくり取り組んでもらう、大人のための木の教室。

かなり難易度の高い、バターナイフ作り!
みなさん、本当にがんばってくださいました。
ちょっと立ち寄ってできる内容ではないにもかかわらず
同行の友人、家族に 「まだできないの~」と言われながら
きっと内心、こんなに手間がかかるのか?!
指が痛い、想像と違う!思われたでしょうね・・・すみません。

でも、そんな苦労(?)のかいあって、仕上がった作品達は
力作揃い!


途中、もう仕上がるのか、とーーーても不安そうにしてらっしゃた方
最後には「うれしいーー!見て見て!」とご友人に自慢してました(笑)


ただ一人の子供参加者くん。
小刀持つのも初めて、でも要領をつかんでさくさく仕上げました!

昨年も参加してくださった、二人羽織親子さん。
ひたすら黙って、おとうさんの手元をみてました、おりこーさんー。

仕上げに、ミツロウを塗るときの、感動はひとしおです。
まるで、高い山に登頂したときのような達成感。
(作った人以上に、夫と私は心の中でガッツポーズでした!)
不思議なものというか、当たり前というか
その人その人に、とっても似合うバターナイフが出来上がります。
小刀でもって、ひと削りひと削り、形にしていくから。
わたしたちの反省といたしましては
バターナイフつくりは、想像以上に大変だ!ということでした・・・。
でも、また違う機会にします!
懲りずにします!
だって、ほんとうに仕上がる時の、喜びはひとしおでしたから!

関連記事

コメント2件

  • おたか より:

    SECRET: 0
    PASS:
    懲りずにまたやって下さい!
    これつくりたい~

  • aizawamokkoh より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おたかさん、楽しいよ~。
    制作したナイフでを使ってランチをいただく、とかね、そんなのしたいな~。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください