toggle

About us

国土の3分の2が森林という日本は、世界でも有数の木材資源国です。
日本人は木の家で暮らし、木の器で生活を楽しむ、そんな文化が古くから根付いています。
四十沢木材工芸は木という資源を最大限活かしてものづくりを行い、
その木肌や香り、温もりが心に響くような木製品を作り続けています。
輪島塗の産地で培った幅広い技術で
木製品の様々なニーズに応え豊かな暮らしづくりに貢献します。

日本最大の漆器産地である石川県輪島市では漆器用素地専門の木工所を木地屋と呼び、
四十沢木材工芸も木地屋と呼ばれています。
漆器は大きく分けると木と漆で作られており、木で作った器や家具、調度品に様々な漆の工程を加え仕上げたものが漆器です。
木地屋は木をろくろ挽きする、ノミや小刀で刳り抜く、板を組み合わせる、
板を曲げるといった技術を使って漆器のベースとなる形を作る専門職です。
 
1947年 初代が指物木地屋として創業。
当時は手鉋、ノミ、小刀といった道具が主流でモーターを利用した木工機械は輪島になく、
1949年輪島では初めての中古の自動鉋盤を購入したことが今の四十沢木材工芸を形作ります。

そのことをきっかけに産地の同業者から次々と賃加工を請け負うようになり、
その後さまざまな木工機械を導入。
また1979年には漆器業界で先駆けとなるNCルーターを導入。
  
職人によるカンナ、小刀による繊細な手作業と共に、工作機械という道具も組合せ、
手作業だけでは困難なあらゆる形状の木製品に対応できるように成長。
指物業としてスタートした業態は今では、
曲物、ロクロ物、刳りものまで技術の幅を広げ、
 他社にできない複合技術を蓄積、それが強みとなっています。
 
また、工場内の木屑利用による省エネ型の大型木材乾燥設備を開発、導入し
木材料の乾燥時間短縮や乾燥品質の安定化にも力を入れています。
 
近年では漆器用素地以外に、木が持つ美しい木目や色合い、
質感を活かした無塗装のものや、オイル、ミツロウなど
自然系塗料で仕上げたものも製作しています。

採用について
ものづくりが好きな人、木工職人になりませんか。
四十沢木材工芸は長年に亘り伝統産業の大切な一翼を担ってきたという自負があります。
この営みと技術をつなぎ、文化継承の役割を担う意欲のある方を募集しています。
詳しくはお問合せください。

■主な製造品目 
漆器用木地全般(皿、鉢、スプーン、アクセサリー、家具、厨子)、テーブルウェア、その他木製品
■使用材料 
(国産)桂、欅、桜、朴、ナラ、栃。(輸入材)米ヒバ、アガチス、黒檀、鉄刀木など
■主要設備
NCルーター2台、省エネ式低温乾燥機、旋盤2台、正面旋盤、高周波接着機、ワイドベルトサンダー、帯鋸、クロスカットソー、小割機、ボーリングマシーン、超硬研磨機、高圧プレス他