toggle
2010-03-25

迷い犬ショコラのこと。

能登半島地震から3年目の今日。
被害状況を記録した、たくさんの写真を見ていると
・・・・・。
・・・・・。
胸が苦しくなります。
中に・・
「あ~~!」っとなつかしい顔。

地震の日の2、3日後、ふっと我が家にやって来た迷い犬。
帰らなくなって、夜は庭で丸くなって寝てました。地震の騒動で飼い主とはぐれちゃったんだなあと、ご飯を食べさせて様子を見てました。
「ショコラ」って名前まで子どもたちは付けて。
じーーっと見つめる目が印象的でした。
いつも子どもたちの後ろを着かず離れず、トコトコ。
数日後、そんな地震迷い犬や猫を預かっている所があると聞き、ショコラはそこへ。
お別れです。
どうなってしまうのか・・・心配でした。
しばらくして、その施設の様子がテレビで放映されました。
「あ!ショコラ!」一瞬ですが映ってました。
またまた数日後、施設から電話が。
なんと元の飼い主が、たまたま偶然そのニュースをみていて、ショコラは無事もとの家に帰ることができたとの事!!
良かった・・・。
あの時期、そのニュースは家族にとって、とっても嬉しいものでした。

それから数ヵ月後我が家は、黒犬はなと出会いました。
ショコラが縁を結んでくれたのかなあ。

関連記事