toggle
2010-05-22

「立てば芍薬、座れば牡丹・・」

今朝の食卓での会話。
義姉のところの日本語教室で日本語の先生が
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は、梅の花
と言ってたそうな。
今思うとそれって違うよね、と。
初心な外国人にウソを教えちゃいけません。
しかし、あれ?正しくは何?
みなが考え出す・・。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は、桃の花?」
んんーなんか違う感じ。
それに、桃って歩かなさそう。
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は、水仙!」
それは、イメージだけでしょ、字足らずでしょ。
2文字には違いないんだけどなあー。

思いつくがままに、口々に花の名前を羅列する面々・・。
すると、中2。
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は出羽の花?
いきなり、相撲取り。
そんな女の人がいたらビックリです。
歩き出した途端、相撲取りって・・。
でも、貴乃花もいるね~と続き。
どうせなら琴欧州がいいなあ、ルックス的にと。
しこ名合戦。
最初の議題はどうなったんだ・・。
正しくは
↓↓
「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花
なーーーーるほどおーーーー。
言われてみれば、ねえ。

今日もいい天気です。

関連記事